リベンジ入試とは?

例えば、キミたちの中に、こんな人はいるだろうか?

  • Fラン大学生
  • 専門学生
  • 短大生
  • ニート
  • フリーター
  • 引きこもりの高校生
  • 勉強とは無縁の生活を送ってきた高校生
  • 未来に希望を見いだせない浪人生
  • 身の丈にあっていない難関大学志願者

しかし、リベンジして偏差値の高い大学に入りたい。

 

そんな人がいれば、ちょっと足を止めてほしい。大丈夫、きっと後悔はさせない。

 

キミたちの中で、ほんのちょびっとでも、そんなリベンジを企んでいる方がいるのであれば、本記事はキミたちにお力添えができるかと思う。

 

キミたちにとって、「受験」とはどんなものをイメージするだろうか?

 

頭のいいやつと努力ができるやつだけが生き残るゲーム?

予備校に行っていい講師のもとで勉強できるやつだけが勝てるゲーム?

家族も学校も協力的で勉強する環境ができあがっているやつだけが勝つゲーム?

 

おそらく世間に出回っているイメージの多くがこれらだ。

しかし、ここに該当しない人こそ足を止めて当サイトを読み通してほしい。

お金を理由に大学をあきらめてしまった人やFランク大学でプライドが許せない人や壮絶ないじめを経験して学校へいけなくなって勉強がおいつけない人など、そんな人にこそこのサイトを読んでほしい。

 

しかし、もしも時間をほとんどかけずに、嫌いな努力なんて一切せずに、自分の好きなことをしているだけで難関大学に合格できる入試があるならどうする?

 

「そんなうまい話があるもんか!」と決めつけてブラウザバックしようと思ったそこのキミ。

 

 

 

 

少し待ってほしい。

 

ダラダラ話を先延ばしにしたってしょうがない。

結論から言えば、そんな夢みたいな、自分の好きなことをしているだけで難関大学に合格できる入試があるんだ。

 

それこそが、AO・社会人入試である。時代は変わっているんだ。好きなことを好きなだけしているやつが勝つ時代は徐々に訪れてきている。AO入試はそんな事例の象徴的な入試方法だ。

 

 

「でも、待ってAO入試って現役の高校生だけしか受けられない入試じゃないの?」

 

そんなことはない。

難関大学であっても、大学によっては、「現役」「高卒」問わず、受けられるんだ。

 

例えば、京都大学や慶應義塾大学であってもリベンジすることは可能だ。そして学力ベースの一般入試に比べれば難易度ははるかに簡単だし時間もかからない。さらには、まだそれほど知名度も高くないため狙い目だ。

そしてなにより、われわれはそんな大学群のAO入試の情報を研究し、それを載せている。

 

そして、このAO・社会人入試は、高校の卒業資格があれば、誰にだって受ける権利がある。

 

そう、キミにだってもちろんある。

 

「この方法だったら、キミたちのリベンジを応援できるかもしれない。少しでも多くの人に悔しい思いをバネにリベンジをしてほしい」

 

そう思ってこのプロジェクトが始まった。

 

キミたちに合った、キミたちのやり方で。

リベンジ入試の種類

  • 編入試験
  • AO入試
  • 公募推薦入試
  • 社会人入試

などなど。

 

やり方はひとつじゃない。

複数ある選択肢の中から自分に合ったやり方を決めればいい。

 

一般入試とは、集中力と気合で乗りきる長期戦だ。

 

一方で、リベンジ入試には、時間もそれほど必要としない。

 

AO・社会人入試であれば、2週間で合格することができる、と断言できる。

 

そんな方法を当サイトでは余すことなく公開している。

キミたちの未来がより明るい未来になるための助けになれればと思っている。

 

 

よりよい未来を拓くために、さあ、キミのリベンジの始まりだ。

 

 

チームリベンジ入試応援プロジェクトはキミたちを心の底から応援している。

当記事を読んで、TwitterのDMでは実際に進路相談も行っている。

もしも、今抱えている悩みがあるならば、わたしたちに相談してほしい。きっとキミたちの力になれるはずだ。

 

進路コンサル担当者が対応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です