要領がいい人になるために必要な5つの行動。

要領がいい人と悪い人との能力的な差は、実はほとんどない。

しかし、なぜ彼らに能力的な差があるように見えるのかというと、それは結果が異なっているからだ。

 

例えば、要領がいい人は1日で10まで終わらせることができるが、要領が悪い人は3までしか終わらせることができない。

要領がいい人は、同時期に複数の課題を終わらせることができるが、要領が悪い人は、どちらか一方しか終わらせることができない。

 

「忙しかったから。」

「1つのことにしか集中できないタイプだから。」

要領が悪い人はこのような言い訳を並べるが、残酷なことに与えられた時間や能力はほとんど同じだ。

 

ではなぜ彼らにはできて、あなたにはできないのだろうか?

それは、大事なコツを知らないからだ。

 

つまり、要領がいい人と悪い人の違いは、コツを知っているかどうかなのだ。

 

本記事では、その大事なコツを5つ紹介する。

これから書かれていることを意識して日常の課題に取り組めば、あなたの速度は飛躍的にアップするだろう。

 

キーワードは、「ムダを省く」だ。

要領がいい人は「やらないこと」も決める。

要領がいい人は、「何をやるか」だけでなく、「何をやらないか」まで決める。

なぜなら、「詰め込み過ぎてもどうせできるわけがない」と分かっているからだ。

 

例えば、『勉強と恋愛の両立』がテーマだとすると、それを達成させるためには、「何がいらないか」を考える。

【例】勉強と恋愛を両立させるためにいらないもの

  • YouTubeを見る時間
  • 友達とグダグダする時間
  • SNSをダラダラ見ている時間
  • 彼女との喧嘩
  • 浮気

etc…

このように、ムダなもの省いていけば、勉強と恋愛の両立は可能だ。

 

要領が悪い人は、「両立する!!」しか考えてなく、ムダなものを省く大切さを知らない。

それゆえに、様々なものを同時並行的に抱えてしまい、頭がパンクする。

 

そして次第に、「自分は同時に1つのことしかできない人間なんだ。」と結論づける。

ただやらない選択をしていないだけなのに。

要領がいい人はサボるのが上手い。

要領がいい人は、「「最小の努力」で「最大の結果」を得たい」と考えている。

つまり、なるべく頑張らないで高い成績を上げるためにはどうすればいいかを常に考えている。

 

例えば、一般的に受験では、「英語の単語帳をやるのは必須」という風潮があるが、とある学生は、それをムダだと考えた。

なぜなら、長文や文法問題を解けば、わからない単語など山ほど出てくるので、その都度覚えればいいと考えたからだ。

単語帳をやらない彼の英単語の覚えかた

  1. まず長文や文法の問題を解く
  2. わからなかった単語をリストアップ
  3. 覚える
  4. ①へ戻る。

これを繰り返した結果、彼はセンター試験9割を叩きだし、さらに志望大学へも合格することができた。(MARCH某学部)

 

あなたのやっていることは、本当に意味のあることなのだろうか?

「最小の努力で最大の結果を得るためにはどうすればいいのか」を考えてみよう。

要領がいい人は質問の数が少ない。

要領がいい人は質問の数が少ない。

なぜなら、彼らは以下のことを知っているからだ。

  • 人から教えてもらうよりも自分で気づいた方が深く理解ができる。
  • 自分1人で解決する癖をつければ、誰かに質問をする時間をなくせる。

 

つまり、「何かわからないことがあったら人に聞けばいい」と思っている人は、理解も乏しく、時間もかかるのだ。

もちろん、聞かないと絶対にわからないことは聞くべきだ。

 

しかし、誰かがいないと前へ進めないというのは非常に要領が悪い。

まずは、自分で解決する癖をつけよう。

要領がいい人は準備期間が少ない。

要領がいい人は、準備期間が少ない。

もちろんゴールから逆算をして計画も立てるのだが、計画にそこまで時間を使いすぎない。

 

要領が悪い人は、準備に時間をかけすぎている。

 

そして、彼らが準備期間によく行っているのは、調べ物だ。

  • どのような勉強方法がいいのか
  • どのような教材がいいのか
  • 周りはどうやってやってるのか
  • 成功者はどんなことをしているのか
  • etc…

 

これらを調べることが悪いこととは言わないが、調べるばかりで実際に行動するのが遅いのは悪いことだ。

 

要領がいい人は、調べてばかりの人を見てこのように思っている。

「いいから早くやってみろよ。」

要領がいい人は物事の本質を捉えようとする。

要領がいい人は物事の本質を捉えようとする。

  • なぜ今これをやっているのか。
  • なぜこのやり方でやっているのか。

 

彼らはこのような本質を理解しているからこそ、余計なことを考えずに物事に取り組むことができる。

 

しかし本質が捉えられていない人は、

  • 「本当にこのやり方で大丈夫なのかな?」
  • 「他の人はどうやってるんだろう?」

と余計なことを考えてしまう。

 

そのため、結局はその課題に取り組むのをやめてしまう。

 

あなたがやったほうがいいことは、

  • なぜ今これをやる必要があるのか
  • 本当にそのことで悩む必要があるのか

という問いの答えを出すことだ。

まとめ:要領がいい人は無駄を嫌う。

つまり、あなたがやったほうがいいのは下記の5つだ。

要領の良さを手に入れるための5つの行動

  1. 「やらないこと」を決める。
  2. どうやったらサボれるのかを考える。
  3. すぐに質問するのをやめる。
  4. さっさと始める。
  5. なぜやっているのかの本質を捉える。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です