経済学部に行けば恋愛マスターになれる。

もしもあなたが「行きたい学部がない」と悩んでいるのであれば、1つ質問なのですが、恋愛に興味はありますか?

興味があるのであれば、大丈夫です。

 

あなたが行くべき学部は経済学部ということが決まりました。

 

「なんで恋愛に興味があったら経済学部なの?」

経済学部の内容が恋愛ととてもマッチしているからです。

 

「でも経済学って難しそう。」

カンタンです。

 

懐疑的なあなたのために、これから5つの経済学用語を例として出し、いかに恋愛と結びついているのかをカンタンに説明していきます。

トレードオフ

トレードオフ(Trade Off)とは、二律背反という意味です。

例えば、手元に150円しかないとき、コーラを買ったら、ポカリを買えなくなってしまいます。

 

この関係性のことをトレードオフと言います。

つまり、二つの目的があり、それぞれ片方を追求する場合には他方を犠牲にする必要があるという状態のことです。

 

もしもあなたに今恋人がいて、さらに他にいい人が現れたとします。

恋人とそのまま付き合うか、他のいい人にアタックするか迷った時、「あ、トレードオフじゃん」と思いましょう。

 

反対に、あなたが今狙っている人がいたとします。

世の中はあなたと狙っている人との二人の世界ではないので、必ずライバルがいます。

 

相手側からすると、あなたにしようか、他の人にしようか迷うわけです。

はい、トレードオフです。

 

自分が選ばれるにはどうすればいのか、経済学を勉強すれば答えが見えてきます。

ゴッセンの第一法則

ゴッセンの第一法則をカンタンに説明すると、「嬉しいことでも何回も経験したら飽きるよね」ということです。

例えば、『ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜』がめちゃめちゃ面白い映画だったとしても10回見たら飽きるじゃないですか。

 

それが、ゴッセンの第一法則です。

良いことでも同じ経験をすればするほど飽きてくる。

 

付き合いたての恋人たちは、何をやっても盛り上がっていますが、大体半年も経てば、当初のドキドキ感なんかなくなってしまいます。

はい、ゴッセンの第一法則ですね。世間では、マンネリ化なんて言ったりしますが。

 

では、飽きさせないためにはどうすればいいのか。

大学で経済学を学んで答えを探してください。

サンクコスト

サンクコスト(sank cost)をカンタンに説明すると、もう支払ってしまったお金のことです。

例えば、デート代をあなたが全て支払ったとします。

 

しかし相手の女の子は「ごちそうさま」も「ありがとう」も言いません。

なんならデート後の「今日はありがとう。」のLINEもありません。

 

そんな時あなたは、「あーあ、せっかくデート代負担したのに。」

☝️これがサンクコストです。

 

「サンクコストだ。別にいいや。」と思って次に進みましょう。

レモン市場

レモン市場(れもんしじょう)とは、情報の非対称性が発生していて、不良品が横行している市場のことです。

例えば、付き合う前はメンヘラじゃなかったのに、付き合ってからメンヘラが発覚したというケースがあったとします。

 

なぜ上記のケースが発生するのかというと、相手の情報が不足していたからです。

相手は自分がメンヘラだということを知っていたが、あなたは知らなかった。

 

そして好きになった。

レモン市場です。

 

このようなことが起こらないようにするためにはどうすればいいのか。

答えは経済学にあります。

ディマンプルインフレ

ディマンドプルインフレとは、需要の高まりにより供給が追いつかないために起こる物価の上昇(インフレーション)のことを指します。

 

例えば、クラスでめちゃめちゃモテる女の子がいたとします。

その女の子はクラスの男の子だけでなく、他校、もしくは大学生等からもアプローチを受けています。

 

多くの男性からアプローチを受けることにより、その女の子の空いている時間はどんどんと無くなっていく。

あなたのデートに応じてくれる可能性が低くなると同時に、相対的に女の子の時間の価値はどんどん上がっていく。

 

多くの人が「欲しい」と思うと、希少性が高まり、そのモノの価値は上昇していきます。

多くの人が「あの子とデートしたい」と思うと、その子の希少性が高まり、その子の時間の価値はどんどん上昇していくということです。

 

少し意味合いは違いますが、「あの子人気だからデートできないな。ディマンドプルインフレかよ。」と思いましょう。

どうやったらデートできるのか、経済学を学びましょう。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

内容は難しくないし、恋愛に応用できるということも理解できたでしょうか?

 

経済学部に行けば、このような内容が山ほど勉強できます。

恋愛マスターになりたいのであれば、経済学部へ行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です